岩の芝

芝をはるときに注意すること

庭に芝生を張ることは庭の見た目を美しくしたり、土ぼこりを抑えてくれたり、地表の急激な温度変化を抑えてくれる役割があります。特殊な技術を必要としない芝張りは初心者でも簡単にできるのでおすすめです。芝張りを行うときに注意したいのが芝張りを行う時期です。芝張りにおすすめの時期は3月〜6月。特に梅雨に入る前の4月から6月がおすすめです。根が付きやすく暖かくなるので根の成長に適しています。夏の間は水を切らさないことが大切ですが、根はつきやすいでしょう。秋から冬にかけては気温が低く、根が張っても休眠状態でつきにくいので寒い時期や寒い地域には芝は向いていません。そのほか、生育条件として日当たりがいいこと、水はけがいいことなど条件がそろうことで元気な芝が根付くでしょう。

芝張りにおいてのテクニック

芝張りのテクニックは、一つ一つの作業を丁寧におこなうことです。芝張りの段階を丁寧に行うことでその後の育成状態がよくなるでしょう。まず、芝生を健やかに育てるために、育成を妨げる雑草や石をしっかり取り除きます。芝生の根が張る20センチから30センチ土を掘り起こし肥料を混ぜて耕します。そのごトンボなどを使用し、表面を平らにしていきます。その時、表面に勾配をつけることにより水はけを良くし、水がたまらないようにすると良い。芝張りは日当たりが良く、水がはけて、風通しが良い場所にします。苗芝を隙間なく並べるときに目地が十文字になるようにすると目土が雨などにより流れやすくなるため、煉瓦のように目地がそろわないように敷き詰めるようにします。